仙台市青葉区にお住まいの渡辺英夫さん。日用品や雑貨を取り扱う商店を営みながら、地域を支援する活動にも取り組んでいらっしゃいます。

お客様写真

トラックとカーゴの2台を使い分け

 1年間の内、農作物の収穫のある4月から11月の間、週末には地域の皆様と一緒に農作物の直売を行っています。地域の活性化のために、と始めた活動はスタートして6年。直売市にはハイゼットトラックとハイゼットカーゴの2台に奥様と分乗して荷物を積んで向かいます。
 ハイゼットトラックは農作業のために、ハイゼットカーゴは荷物を出し入れする利便性を重視して選ばれました。「農作業にトラックは欠かせませんが、雨のことを考えると荷物が濡れないことも考えなければいけない。ならばと思って、ハイゼットカーゴも購入しました」

お客様写真

奥様も安心して乗れる商用車

 普段の生活でも使うため、アトレーワゴンも候補でしたが、最後の決め手はより優れた収納力。商用車ならではの広い荷室や、様々な工夫が魅力でした。奥様のご要望もあって購入されたハイゼットカーゴのトランスミッションは4AT。特に普段使いをする機会の多い奥様の利便性を考慮されたそうです。また、安全のことを考えてスマアシIII搭載グレードに決定。「ないよりはあった方がいい。ずっとダイハツの車に乗り続けていると技術の進歩に驚かされます。」と語る渡辺さん。多彩なグレードやオプションが用意されていることで、ライフスタイルに合わせた選択ができることにも満足いただいています。

お客様写真

「47年間ダイハツ車に乗っています」

 お父様の代からダイハツユーザー一家とのことで、18歳の頃に初めてダイハツを購入してから、47年間乗り続けていらっしゃいます。「ラガーやミラジーノなど、今は姿を消したダイハツを代表する車に乗っていました。いままで20台は宮城ダイハツを買っていますね(笑)」と当時を振り返ります。利用いただいている店舗の店長とは27年もの付き合いだといいます。今では渡辺さんからの推薦もあって、直売市に参加される地域の皆様にも、ダイハツ車をご利用いただいております。

お客様写真

農作業や仕事のための荷物の運搬、そして普段の生活など、自動車を活用するシーンは様々。ご自身とご家族のライフスタイルを考慮したお車選びは、ハイゼットトラックとカーゴの2台を所有する選択で解決。最も必要な、荷物の運搬を第一に考えるカーライフを実現いたしました。

お客様写真

今回ご案内のクルマ

ハイゼット トラックは、これまでの軽トラックにはない高い安全性を追求。安全運転をサポートする「スマートアシストⅢ t 」を搭載しました。
また、農業女子の気分をアゲる「農業女子パック」をご用意。スーパーUVカットガラスやバニティミラー、スーパークリーンエアフィルターなどをセットにしたパッケージです。ボディーカラーも、全8色のバリエーションから選べる為、きっとお気に入りの1台が見つかります。

お客様写真
ページTOP
来店・試乗予約、お問い合わせページに移動します